メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「店からコロナ出た」 SNSでデマ拡散した容疑 2人を書類送検 三重県警

三重県警本部=鮫島弘樹撮影

[PR]

 三重県警松阪署は18日、松阪市内の中華料理店について「コロナが出た」との情報を、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上で拡散させたとして、同市の20代の男女2人を名誉毀損(きそん)の疑いで津地検松阪支部に書類送検した。

 書類送検容疑は、4月6日、同市の中華料理店を名指しして「店からコロナが出た」などとする虚偽の書き込みをツイッター上で拡散させたとしている。2人は容疑を認め、「反省している」と話しているという。

 店は、デマがSNS上で拡散されたとして、投稿発覚後に同署や同市に相談。同署が告訴状を受理していた。【朝比奈由佳】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鹿児島、新たに30人の感染確認 28人がクラスター発生の飲食店客

  2. 首相官邸ネット発信「中の人」は電通マン 前任者も 政権のSNS戦略と深いかかわり

  3. ORICON NEWS 山形県出身の峯田和伸&橋本マナミ、同郷舞台の純愛映画で共演

  4. 大阪モデル緩和 「社会を動かしていく」と主張した吉村知事は何を意識したのか

  5. 二階氏サイド、自民の「習主席来日中止」決議案に猛反発 「待った」の可能性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです