「家父長制は誰も幸せにしない」 韓国で異例の大ヒット 映画「はちどり」キム・ボラ監督インタビュー

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「韓国で女性はどのように生きるべきかを考えながら撮りました」と語る映画「はちどり」のキム・ボラ監督
「韓国で女性はどのように生きるべきかを考えながら撮りました」と語る映画「はちどり」のキム・ボラ監督

 韓国で2019年8月に公開され、観客動員数が1万人でヒットといわれるインディペンデント映画としては異例の14万人を超える大ヒットとなった韓国映画「はちどり」。「韓国で、特に女性からここまで大きな反響があったことに驚きました」。長編初監督作品ながらベルリン国際映画祭をはじめ国内外のさまざまな映画祭で50を超える賞を受賞した自作について、キム・ボラ監督(38)はスカイプインタビューで語った。【西田佐保子】

この記事は有料記事です。

残り2210文字(全文2413文字)

あわせて読みたい

ニュース特集