特集

河井夫妻選挙違反事件

自民党に所属していた河井克行前法相と妻の案里元参院議員が、19年参院選を巡る公選法違反容疑で逮捕されました。

特集一覧

河井夫妻、買収相手の大半は後援会関係者 劣勢の参院選前に引き締め図る?

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
参院選で菅義偉官房長官の応援演説を受ける河井案里氏=広島県尾道市のJR尾道駅前で2019年7月15日、渕脇直樹撮影
参院選で菅義偉官房長官の応援演説を受ける河井案里氏=広島県尾道市のJR尾道駅前で2019年7月15日、渕脇直樹撮影

 参院議員の河井案里容疑者(46)=広島選挙区=が初当選した2019年参院選を巡る選挙違反事件で、公職選挙法違反(買収)の疑いで逮捕された夫で前法相の衆院議員、克行容疑者(57)=衆院広島3区=と案里議員(いずれも自民党離党)から現金を受け取ったとされる94人の大半が、夫妻の後援会関係者だったことが判明した。関係者が明らかにした。後援会回りは参院選前月の6月に集中。東京地検特捜部は、夫妻が劣勢を覆すため後援会に現金を配り、引き締めを図ろうとしたとみて調べている。

 毎日新聞は案里陣営のスケジュールが記された日程表を入手した。時期は参院選前後の19年5~8月で、日程表によると、克行議員は6月の計7日間で、後援会関係者ら約30人を訪問していたとされる。

この記事は有料記事です。

残り795文字(全文1122文字)

【河井夫妻選挙違反事件】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集