アイヌ文化施設「ウポポイ」、7月12日開業 コロナ感染拡大で2度延期

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
7月12日の開業が決まったアイヌ文化施設「民族共生象徴空間(愛称ウポポイ)」の展示室=北海道白老町で9日、貝塚太一撮影
7月12日の開業が決まったアイヌ文化施設「民族共生象徴空間(愛称ウポポイ)」の展示室=北海道白老町で9日、貝塚太一撮影

 赤羽一嘉国土交通相は19日の記者会見で、北海道白老町のアイヌ文化施設「民族共生象徴空間(愛称ウポポイ)」を7月12日に開業すると発表した。前日の11日に記念式典を開く。赤羽氏は「ウポポイが最高の形でスタートできるよう、感染症対策を講じつつ準備に取り組んでいきたい」と述べた。

 開業は当初4月24日に予定していたが、新型コロナウイルス感染拡…

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文425文字)

あわせて読みたい

注目の特集