メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Moment・コロナを越えて

「競技が全てでない」 非日常に生まれた絆と学び 最大の目標へ刺激

競技の枠を超えて集まり、オンライン上で語り合う西藤俊哉(中央)ら=「97会」の公式ツイッターから

 1日夜、競技の枠を超えてアスリートたちがオンラインで一緒にヨガやトレーニングに汗を流したり、和やかに語り合ったりする姿があった。「97会」と称する1997年度生まれのトップ選手ら有志の集まりで、輪の中心にいたのが、フェンシング男子フルーレで東京オリンピック出場を目指す西藤(さいとう)俊哉(23)=長野クラブ=だ。新型コロナウイルスの感染拡大で、五輪は来夏に延期されたが、「自粛期間中に新しい仲間と知り合えたのは大きな財産」と言い切る。

 長野県出身。有望選手を集めて強化する日本オリンピック委員会のエリートアカデミーに中学2年で入校し、20歳で世界選手権の銀メダルを獲得した。2008年北京五輪で、この競技日本初のメダルを獲得した太田雄貴・現日本フェンシング協会会長(34)の後継者として期待され、昨春には法政大を休学して五輪に照準を合わせていた。しかし、3月に米国で予定されていた最後の五輪代表選考大会が直前になって中止され、帰国後、2週間の自宅待機中に五輪延期も決まった。

 練習も当たり前の生活もできない中、何をすべきかと自問した。「今のうちに学業に専念すればいい」と復学した一方、力を入れたのが97会の活動だった。会は昨年、新体操の16年リオデジャネイロ五輪代表の熨斗谷(のしたに)さくら(22)=コナミスポーツ本店=ら一部選手らで発足。自身も加わり、広く参加を呼びかけて現在は約20競技の約40人にまで輪が広がった。

 トップ選手にとどまらず、カレー店経営を目指す元レスリング選手や地道に選手を支えるアナリストも名を連ねる。社会との接点を探り、5月中旬、仲間と共に97会の公式ツイッター(https://twitter.com/97athlete)を開設。トレーニング風景も、一般視聴者に参考にしてもらおうと今月1日にオンラインでライブ配信した。

 西藤は「フェンシング界の外に目を向けると、違う景色が広がっていた。競技生活だけが人生ではないし、五輪を目指すことが偉いわけでもない。さまざまな価値観に触れ、夢や目標を語り合えた」と刺激を口にする。金メダルが最大の目標であることに変わりはないが、今はそれが全てではないことも知っている。

 交流の中に光を求めた選手がいる一方、自粛期間を自らの内面と向き合う時間に充てた選手もいる。空手の形女子で東京五輪代表に決…

この記事は有料記事です。

残り1156文字(全文2137文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. マダニ感染症で京都府内の80代男性意識不明 府内で今年初

  2. 首相官邸ネット発信「中の人」は電通マン 前任者も 政権のSNS戦略と深いかかわり

  3. 大阪モデルを緩和 注意喚起の「黄信号」点灯しにくく 経済ダメージ最小限に

  4. ORICON NEWS 「#まさかのトリック20周年」キャンペーン実施 7・7はトリックまつり

  5. ORICON NEWS 橋本環奈、ムロツヨシ演じる諸葛亮の妻「笑ってしまわないか心配」 山本美月は小喬役

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです