メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

給食に地元産チーズ 常陸太田の中学「柔らかい食感」 /茨城

ストリングチーズを裂いて笑顔を見せる生徒=茨城県常陸太田市大里町の金砂郷中学校で

 地元産のナチュラルチーズ作りに乗り出した常陸太田市で19日、市内の中学校8校に向けて教諭と生徒の給食用にチーズ1231食分が提供された。

 このうち同市立金砂郷中学校(菊池浩之校長、生徒216人)の3年1組では、給食の前に栄養教諭の宇野真理子さんが「成長期の中学生は、1日に取る必要があるカルシウムの量が特に多い。牛乳やチーズを積極的に食べるようにしてほしい」と説明した。

 生徒たちは、手で裂けるストリングチーズを口に運び「おいしい」「思ったよりもさっぱりした味」と笑顔。大高郁未さん(14)は「初めて食べたけれど、地元産のチーズと聞いて愛を感じた。柔らかい食感でもっと食べたかった」と話した。

この記事は有料記事です。

残り168文字(全文465文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

  5. 首相、コロナ病床増へ意欲 医師や看護師の給与増提言に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです