メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鹿鳴館の建築家・コンドル 「六華苑」で没後100年 催事 桑名、きょうとあす /三重

コンドルが手がけた六華苑の洋館=三重県桑名市桑名で

 日本政府の招へいを受けて来日し、鹿鳴館や政財界の大物の邸宅を設計したことで名高い英国の建築家、ジョサイア・コンドル(1852~1920年)が没して100年。コンドルが手がけた洋館のうち、地方で唯一現存するのが、桑名の実業家、2代目諸戸清六の邸宅「六華苑」(桑名市桑名)=国指定の重要文化財=だ。施主の清六は親交のあった三菱財閥の岩崎家を通じて設計を依頼したとみられるが、接点を裏付ける史料は平成に入って発見された設計図だけ。コンドルが残した貴重な遺構、六華苑で20、21日、没後100年の記念イベントが行われる。【松本宣良】

 諸戸家が岩崎家と親しく交流していたことは、2代目清六から、三菱3代目の岩崎久弥(創始者、弥太郎の長男)に送られた病気見舞いの礼状(1921年)=市教育委員会所蔵=などでうかがえる。諸戸邸はその10年前の11年、清六23歳の時に着工され、2年後に完成した。

この記事は有料記事です。

残り716文字(全文1107文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  2. 「わー、よかった」明るい娘に“嫌な予感” 「キッズライン」性被害 母が証言

  3. まるで浦島太郎…「なぜマスク姿なの?」 3カ月間の昏睡から目覚めたロシアの男性

  4. どう防ぐ ベビーシッターによる性犯罪 「見抜けなかった…」絶句する母

  5. コロナ休校で10代の妊娠相談急増 性教育の機会なく、バイト中止で避妊具買えず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです