メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コウノトリ写真コンクール 豊岡・二位岡野さん最優秀 /兵庫

 全国の会員でつくる「コウノトリファンクラブ」事務局の県但馬県民局(豊岡市)は、「第15回コウノトリ写真コンクール」の最優秀賞に豊岡市の二位岡野さんの「こうのとり正月御挨拶(あいさつ)」を選んだと発表した。優秀賞には、福井市の堀川恭司さんの「実りのスクラム」と豊岡市の西垣重信さんの「聖夜の子育て」が輝いた。

 同クラブは、コウノトリの野生復帰を支援する団体で、会員は全国に557人(4月末現在)。会長は柳生博・日本野鳥の会名誉会長が務める。写真展は「コウノトリと共に生きる地域づくり」の啓発のため開いており、今年で15回目。今回は2019年10月から今年1月まで募集し、全国の88人から151点の応募があった。

この記事は有料記事です。

残り193文字(全文498文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鹿児島、新たに30人の感染確認 28人がクラスター発生の飲食店客

  2. 首相官邸ネット発信「中の人」は電通マン 前任者も 政権のSNS戦略と深いかかわり

  3. ORICON NEWS 山形県出身の峯田和伸&橋本マナミ、同郷舞台の純愛映画で共演

  4. 大阪モデル緩和 「社会を動かしていく」と主張した吉村知事は何を意識したのか

  5. 二階氏サイド、自民の「習主席来日中止」決議案に猛反発 「待った」の可能性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです