メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

やまと人模様

パラバドミントン選手 島田務さん(43)=奈良市 「前向きに」目指すはパリ /奈良

2024年のパリ・パラ五輪への出場を目指す島田務選手=奈良市で(日本障がい者バドミントン連盟提供)

 高校1年の時、交通事故に遭った。脊髄(せきずい)を損傷し、医師から「両足はもう自由に動かせない」と言われた。

 失意のどん底でリハビリを続けていた時、車椅子バスケットボールチームに誘われ、練習に参加するようになった。仲間と楽しく体を動かすうちに「前向きに人生を考えられるようになった」。

 パラバドミントンとの出合いは30歳の時。当時勤めていた会社で、同僚だった緑さん(53)=大和郡山市出身=から練習に誘われた。練習試合では1点も取れずに敗北。初めてのバドミントンだったが、運動神経には自信があり、完敗するとは思っていなかった。「次こそ彼女に勝ちたい」。仕事…

この記事は有料記事です。

残り419文字(全文698文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 民主活動家・周庭氏保釈される 黄之鋒氏らが出迎え 香港警察が10日に逮捕

  2. これからどんどんつらくなるかも…頑張らないと 保釈の周庭氏 日本人に感謝も

  3. 家族で登山中に行方不明の小6男児を無事発見 新潟・上越

  4. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  5. 国民・玉木氏 分党まで持ち出しこだわったものとは 混乱残り前途多難

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです