メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 海響館、ようやく再開 2カ月半ぶり 検温など感染対策徹底 下関 /山口

グループごとに間隔を空けてショーを楽しむ来場者たち

 新型コロナウイルスの影響で閉館していた下関市の水族館「海響館」が19日、約2カ月半ぶりに再開した。入館時の体温チェックなど感染対策を徹底し、来館者にもマスク着用などの協力を呼び掛けている。

 海響館によると、昨年の年間来場者は約52万人。団体客などを除き、9割以上が市外から訪れたという。感染症対策として同館は3月2日から閉め、4月1日にいったん再開したものの、市内での感染者確認を受け、わずか3日で再休館を余儀なくされた。

 再開した海響館は、入館時に体温が即時に測れる「サーマルカメラ」を導入した。小学生以上でマスクを着用していない人と、体温が37・5度以上ある人は原則的に入館できない。

この記事は有料記事です。

残り815文字(全文1110文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャニーズJr.の福士申樹さんが新型コロナ感染

  2. 鹿児島、新たに30人の感染確認 28人がクラスター発生の飲食店客

  3. 首相官邸ネット発信「中の人」は電通マン 前任者も 政権のSNS戦略と深いかかわり

  4. 尼崎市の商店街で火災 焼け跡から男性の遺体

  5. 二階氏サイド、自民の「習主席来日中止」決議案に猛反発 「待った」の可能性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです