メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

うみやまリレーダイアリー

三好市に移住 植本修子さん(47)=カフェ、デザイン事務所経営 /徳島

密を避けることもできる谷の個室「晴耕雨独」(雨の日は独りでこもる、の「雨独」)

 <徳島で暮らしてみれば>

 しっとりとした空気を纏(まと)った6月。夜になると、すっとひんやりとした時間を迎える、まだまだ心地よい季節。

 サウナができたことで、テーマが「解毒・代謝」に決まり、作ることのできる、てのひらの上の素材を使った発酵食の販売を目指したい。と、宣言したのは4月のことだった。

 新型コロナだ、COVID19だ、と毎日の報道に一喜一憂した時期もここ徳島では終わった感があり、「With(ウイズ)コロナ」、「After(アフター)コロナ」期である。

 完全に、観光地の飲食店という、最も救いようのないと言われている(そんなことはないのだが)ジャンルを背負いつつ、もう一つの事業は、四国内の近隣をターゲットにシフトできるため、「サウナと個室」で思い切り解毒していただこうという空間を整えた。

この記事は有料記事です。

残り541文字(全文892文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 原田泰造、藤田まことさんの“はぐれ刑事”を受け継ぐ「シリーズ化したい」

  2. 着けたまま飲食できるフェースガード開発 「ラーメンも大丈夫」 群馬・渋川のグッズメーカー

  3. 日本の「感染者バッシング」「マスク警察」は、なぜ? コロナ禍があぶりだした「世間」の闇

  4. 福岡市、ハンコレス化完了 独自に3800種類の書類を全廃

  5. 「自殺ない社会、作っていただけるようお願い」 官房長官 7月以降、増加に転じ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです