メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

八代の「石工の郷」日本遺産に 関係者笑顔「イベント企画し情報発信」 文化庁認定 /熊本

日本遺産の構成文化財の一つで、熊本県八代市指定有形文化財でもある笠松橋

 熊本県八代市に残る石橋を造った石工に焦点を当てたストーリー「八代を創造(たがや)した石工たちの軌跡~石工の郷(さと)に息づく石造りのレガシー」が19日、文化庁から日本遺産に認定された。「イベントを企画したい」と関係者の笑顔がはじけた。

 日本遺産は文化財を活用し地域活性化につなげるため2015年度からスタート。魅力を一つのストーリーにまとめることを特色にしている。…

この記事は有料記事です。

残り275文字(全文458文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 工事現場の足場から金属製パイプ落下 通行人2人が重軽傷 神戸

  2. 立憲 最高顧問に菅直人、野田佳彦両元首相 小沢一郎氏らは固辞

  3. 全高18m、動く「実物大」ガンダムがついに横浜に 12月19日オープン

  4. SNSで「持続化給付金」不正受給を指南 詐欺容疑で愛知大生2人逮捕

  5. 将棋 第79期名人戦A級順位戦 羽生善治九段ー佐藤天彦九段 第7局の2

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです