特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

接触確認アプリ始動 コロナ感染、可能性通知 利用は任意

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 厚生労働省は19日、新型コロナウイルスの感染者と濃厚接触した可能性を通知するスマートフォン(スマホ)のアプリの提供を始めた。接触可能性を早期に伝えることで、保健所などへの相談や自宅待機など感染拡大を防ぐ行動につなげてもらうのが狙い。政府はプライバシーに配慮し、電話番号や位置情報など個人の特定につながる情報は使わない。効果を上げるには人口の6割が使う必要があるとの試算もあるが、あくまで任意のため、今後の普及が鍵となる。

 接触確認アプリ「COCOA(ココア)」は、スマホのアプリストアで無料で取得できる。インストールした人同士が近距離無線通信「ブルートゥース」を起動させた状態で「1メートル以内」に「15分間以上」いた場合、互いのスマホ端末に、個人が特定できないよう暗号化された接触情報が記録される。記録は、14日後に自動消去される。

この記事は有料記事です。

残り371文字(全文739文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集