連載

なるほドリ

ニュースの背景や素朴な疑問を「なるほドリ」が質問。担当記者がQ&Aでわかりやすく答えます。

連載一覧

なるほドリ

映画「風と共に去りぬ」なぜ配信停止? 作品背景に奴隷制肯定 黒人への偏見表現も=回答・井上知大

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
映画「風と共に去りぬ」の一場面。スカーレット・オハラ(左)と召使のマミー
映画「風と共に去りぬ」の一場面。スカーレット・オハラ(左)と召使のマミー

 なるほドリ 昔の映画「風(かぜ)と共(とも)に去(さ)りぬ」が話題になっていると聞いたよ。

 記者 米動画配信(はいしん)サービス「HBOマックス」が、人種(じんしゅ)への偏見(へんけん)を含んでいるとして、同作の配信を一時停止しました。米中西部で起きた白人警官による黒人男性の暴行死(ぼうこうし)事件を受け、米国の黒人脚本家(きゃくほんか)、ジョン・リドリー氏が「奴隷(どれい)制度の残酷(ざんこく)さを無視している」として、同作の配信停止を求めたことが背景にあります。

この記事は有料記事です。

残り590文字(全文826文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集