メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Moment

コロナを越えて/5止 競技の枠超え自分磨き 仲間や趣味、新たな発見

競技の枠を超えて集まり、オンラインで語り合う西藤俊哉(中央)ら=「97会」の公式ツイッターから

 1日夜、競技の枠を超えてアスリートたちがオンラインで一緒にヨガやトレーニングに汗を流したり、和やかに語り合ったりする姿があった。「97会」と称する1997年度生まれのトップ選手ら有志の集まりで、輪の中心にいたのが、フェンシング男子フルーレで東京オリンピック出場を目指す西藤(さいとう)俊哉(23)=長野クラブ=だ。新型コロナウイルスの感染拡大で、五輪は来夏に延期されたが、「自粛期間中に新しい仲間と知り合えたのは大きな財産」と言い切る。

 長野県出身。有望選手を集めて強化する日本オリンピック委員会のエリートアカデミーに中学2年で入校し、20歳で世界選手権の銀メダルを獲得した。2008年北京五輪で、この競技日本初のメダルを獲得した太田雄貴・現日本フェンシング協会会長(34)の後継者として期待され、昨春には法政大を休学して五輪に照準を合わせていた。しかし、3月に米国で予定されていた最後の五輪代表選考大会が直前になって中止され、帰国後、…

この記事は有料記事です。

残り1067文字(全文1486文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 帝国劇場が4公演中止 従業員が新型コロナ感染

  2. 名古屋の飲食店、新たに4人感染 クラスターの可能性、市検査 新型コロナ

  3. 新型コロナ 「ぜひ旅行なさって」 「GoTo」に横浜市長 /神奈川

  4. 「今、藤井聡太の将棋が面白い」 中原誠十六世名人が見る新棋聖

  5. ORICON NEWS 欅坂46、5年の活動に幕 “再改名” で再出発「相当な茨の道が待っていると思います」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです