特集

第76期本因坊戦

第76期本因坊決定戦七番勝負と本因坊文裕(もんゆう)=井山裕太九段=への挑戦者決定リーグ戦に関する特集ページです。

特集一覧

囲碁

第76期本因坊戦 予選A決勝 柳時熏九段-藤沢里菜女流立葵杯 第2局の6

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

逆転は一瞬の幻に

 白60のツケに黒イと受けていれば何事も起こらなかった。黒61、63と反発したのは“緩んではいけない”の思いに突き動かされたからである。しかし白64の切り返しが好手だった。「当然の手なのに見えなかったのは、頭に血がのぼっていたのかな」と柳は苦笑した。黒65と引き下がるしかないが、この瞬間、中央の黒一団に危機が生じた。

 ところが秒読みに追われた藤沢もベストを尽くせなかった。逆転のチャンスを手放すことになった白66のアテが敗着である。この手で参考図、白1、3と切断すれば、黒4、6さらに10、12と切断し返されることになる。そして攻め合いは白が勝っていたのである。白1の前に白12と黒14が利けば攻め合いにならないのだが……。

この記事は有料記事です。

残り106文字(全文427文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

【第76期本因坊戦】

時系列で見る

関連する特集・連載など

あわせて読みたい

注目の特集