メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

『新装版 私の絵本ろん 中・高校生のための絵本入門』=赤羽末吉・著

『私の絵本ろん 中・高校生のための絵本入門』

 (平凡社ライブラリー・1540円)

 1990年に80歳で亡くなった絵本画家、赤羽(あかば)末吉は、今年生誕110年。晩年の著書が新装版として復刊された。国語の教科書でもおなじみの『スーホの白い馬』(福音館書店)の絵を手がけた人と言えば、お分かりの方も多いはずだ。

 本書は、絵本の創作にまつわるエッセーや絵本の評論、紀行文などで構成される。読み進めると、著者が絵筆を取る際、いかに思索を巡らせていたか…

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文500文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政府があらゆる記録を残すのは当然」 菅首相の新書から消えた言葉の重み

  2. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  3. オウム 松本元死刑囚、執行直前の様子「ちょっと待って」

  4. 菅首相の妻・真理子さんが外交デビュー ベトナム首相夫人主催の昼食会出席

  5. 「倒れそう」と職員悲鳴 接触確認アプリで保健所に電話殺到 なぜパンク寸前に?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです