メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

藻谷浩介・評 『芝居小屋戦記 神戸三宮シアター・エートーの奇跡と軌跡』=菱田信也・著

『芝居小屋戦記 神戸三宮シアター・エートーの奇跡と軌跡』

 (苦楽堂・1760円)

 「日本人は、5W1Hの中で、Hばかりに興味を示す」と書くと、まるで三流記事の客寄せ見出しだが、しかし評者が多年痛感していることなので、そのまま続ける。

 When(いつ)、Where(どこで)、Who(誰が)、What(何を)、Why(どうして)、という肝心な五つのWをすっ飛ばして、いきなりHow(どのような手段で)に入ってしまうというのは、もう日本人の国民病ではないかと思うのだ。

 最近だとマスクである。何に対する(What)、どのような効果を狙っての(Why)マスクなのか、なんてことはどうでもよくて、「とにかく怖いからマスクをする」という手段(How)に皆が集中した結果、着けた本人の感染防止にはならなかったが、自分が持っているかもしれないウイルスを他人にうつす機会は大幅に減らせた。手段と目的が転倒し、かえって結果オーライという、「日本あるある」である。

この記事は有料記事です。

残り1013文字(全文1407文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政府があらゆる記録を残すのは当然」 菅首相の新書から消えた言葉の重み

  2. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  3. オウム 松本元死刑囚、執行直前の様子「ちょっと待って」

  4. 菅首相の妻・真理子さんが外交デビュー ベトナム首相夫人主催の昼食会出席

  5. 「倒れそう」と職員悲鳴 接触確認アプリで保健所に電話殺到 なぜパンク寸前に?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです