メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

中島京子・評 『閉ざされた扉をこじ開ける 排除と貧困に抗うソーシャルアクション』=稲葉剛・著

『閉ざされた扉をこじ開ける 排除と貧困に抗うソーシャルアクション』

 ◆閉ざされた扉をこじ開ける 排除と貧困に抗(あらが)うソーシャルアクション

 (朝日新書・869円)

 2020年前半はコロナ禍と共に過ぎてしまった。「自粛要請」に応じた飲食店が店を再開できず、ライブハウスが廃業し、ファッションブティックがなくなった。職を失う。家を失う。そんな状況が、誰の身にも、突然、理不尽に起こりうるのを、毎日見ている「行動自粛」期間だった。

 そんな中「ステイホーム」のままならない路上生活者やネットカフェを追われた人たちのために、人の命を守るアクションを日々起こしていたのが、本書の著者だ。

この記事は有料記事です。

残り1131文字(全文1387文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政府があらゆる記録を残すのは当然」 菅首相の新書から消えた言葉の重み

  2. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  3. 「はじめの一歩」船田元 「イエス」だけで固めるなら学術会議の価値がなくなる

  4. プロ野球・阪神、福留を戦力外の方針 球界最年長43歳

  5. 菅首相の妻・真理子さんが外交デビュー ベトナム首相夫人主催の昼食会出席

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです