メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

『天才の考え方 藤井聡太とは何者か?』=加藤一二三、渡辺明・著

『天才の考え方 藤井聡太とは何者か?』

 (中央公論新社・1540円)

 われわれが天才という言葉を使うとき、そこには「地道な努力ではなく、一瞬のひらめきで物事を解決できる」というニュアンスがこめられている。中学生でプロになり、およそ60年間も将棋界のトップにいつづけた加藤一二三と、現在三冠の棋士渡辺明。世代も将棋の研究方法も生活習慣も違うふたりの「天才」は、しかしふたりとも、天から勝手に降ってくるひらめきを待っているわけではなさそう…

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文495文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える あそこは左翼の巣窟だけど… 反学術会議派・小林節氏が首相を糾弾する理由

  3. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  4. 再選択2020~私の見方 東京一極集中は「けったくそ悪い」 漫才師・西川のりおさん 大阪都構想住民投票

  5. 毎日新聞に「嵐」の二宮さん iPhone広告で全国紙5紙に1人ずつ掲載

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです