特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

米海軍、空母集団感染で解任の艦長復帰認めず 作戦部長「期待に応える指揮でなかった」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 米海軍は19日、新型コロナウイルスの集団感染が艦内で起きた原子力空母「セオドア・ルーズベルト」の艦長を解任されたクロージャー氏について「艦長の復帰は認めず、将来的にも指揮官の資格はない」と明らかにした。クロージャー氏は、支援を求める書簡を海軍上層部に送った際、指揮系統以外にも電子メールを送信したとして、4月に解任された。しかし、調査が不十分などとして米議会や軍内部で批判の声が上がり、海軍が感染の拡大や解任の経緯を調べていた。

 海軍制服組トップのギルデイ作戦部長が記者会見で説明した。空母では3月24日に乗組員3人の感染が判明し、グアムに同27日に寄港していた。

この記事は有料記事です。

残り517文字(全文800文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集