メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特派員レポート

警察が白人暴動を黙認、黒人が大量虐殺された町 トランプ氏の大規模集会再開に反発

 トランプ米大統領は20日(現地時間)、新型コロナウイルスの影響で中断していた大規模支持者集会を3カ月ぶりに再開する。黒人差別と警察暴力への抗議デモが全米で続くなか、再開第1弾の地に選んだのは、南部オクラホマ州タルサ市。99年前、黒人居住区が白人暴徒に襲撃された米史上最悪の虐殺事件が起きた場所だ。抗議活動に強硬な姿勢を貫くトランプ氏がこの地を選んだことに、地元住民は「いまだ事件の記憶に苦しむ地域を傷つける行為だ」と反発している。

この記事は有料記事です。

残り1277文字(全文1493文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 11年ぶりに自殺者増加 コロナ下こそ届く支援を

  2. 社長ではなく総務部長? 安倍政権の大番頭「危機管理の菅」とは何だったのか

  3. 月刊・時論フォーラム 馬毛島の基地計画/弾劾訴追/養鶏と政治

  4. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  5. 記者のこだわり 他殺か、中毒死か ピンクに染まった遺体の歯は何を語っているのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです