長野県の防災ヘリ、機長が退職へ 長期運休で「モチベーション保てず」災害対応に不安も

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
長野県庁=長野市南長野幅下で2019年2月27日、島袋太輔撮影
長野県庁=長野市南長野幅下で2019年2月27日、島袋太輔撮影

 長野県は19日、県消防防災ヘリコプターの長期運休の影響で、県職員の男性機長が6月末で退職すると明らかにした。県は改めて操縦士の募集を始めたが、災害時の救助体制確立が遅れる恐れがある。

 昨年7月から、ヘリの機体は点検や不具合のため1年近く運休が続いている。退職予定の機長は、2017年の墜落事故を受け、新設された「航空指導幹」(課長級)として19年1月に採用された。しかし、長期運休で「モチベーションが保てない」と5月に退職を申し出たという。

 県職員以外には民間操縦士2人がいるが、不具合が起きたリース機と同じく21年3月に契約を終える。操縦士の人材不足は全国的な課題になっているが、県は「緊急時の柔軟な対応のため」と自前の操縦士確保にこだわる。採用できなかった場合は、災害時の救助や山林火災の消火活動に影響が出てくる。

この記事は有料記事です。

残り196文字(全文556文字)

あわせて読みたい

注目の特集