メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「鬼滅の刃」ファン、善逸になりきりポーズ 奈良の葛木坐火雷神社が話題に

技の名前「火雷神」の字がある葛木坐火雷神社の社碑の前でポーズをとるコスプレイヤー=奈良県葛城市笛吹で2020年6月16日午後2時46分、稲生陽撮影

 社会現象レベルの人気となり、5月に連載が終了した少年漫画「鬼滅(きめつ)の刃(やいば)」に登場する大技の名前に似ているとして、奈良県葛城市笛吹の葛木坐火雷(かつらきにいますほのいかづち)神社が話題となっている。

 持田照久宮司(44)も大ファンといい、公認撮影スポットとしてキャラクターの衣装を着込んだコスプレイヤーなどが訪れている。

 同作品は大正時代を舞台に、妹を鬼にされた主人公が、人食い鬼を倒しながら妹を人間に戻す方法を探すファンタジー。同神社では、主人公の親友「我妻善逸(あがつまぜんいつ)」が終盤に編み出す大技「火雷神」とほぼ同名の「火雷大神」を祭っている。古事記によると火雷神は火雷大神の一神とされ、雨乞いなどのために各地で崇拝されている。

この記事は有料記事です。

残り116文字(全文442文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 出た!大阪・梅田で人骨1500体超 別の場にもウメタ?埋葬想定より遅い江戸~明治

  2. 見えたー! ペルセウス座流星群がピーク迎える 天の川と「競演」

  3. 大阪うめきた 梅田墓に「大坂七墓」物証の人骨200体

  4. 日銀若手記者が直撃 (中)「日銀の政策は濃いグレー」元審議委員の警告

  5. 特集ワイド 星野佳路さんのコロナ時代の旅 「安・近・短」で地元活性 海外旅行需要、国内に転換

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです