特集

河井夫妻選挙違反事件

自民党に所属していた河井克行前法相と妻の案里元参院議員が、19年参院選を巡る公選法違反容疑で逮捕されました。

特集一覧

克行容疑者 パソコンデータ消去、証拠隠滅か 現金提供先など検察復元

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
河井克行容疑者(右)と河井案里容疑者
河井克行容疑者(右)と河井案里容疑者

 参院議員の河井案里容疑者(46)=広島選挙区=が初当選した2019年参院選を巡る選挙違反事件で、夫で前法相の衆院議員、克行容疑者(57)=広島3区=のパソコンからデータが消去されていたことが判明した。関係者が明らかにした。現金の提供先や金額が記されたリストが含まれていたとされ、東京地検特捜部は克行議員が証拠を隠そうとした疑いがあるとみている。

 特捜部は18日、案里議員の票の取りまとめを依頼する趣旨で、地元議員や後援会関係者らに現金を提供したとして、公職選挙法違反(買収)の疑いで夫妻を逮捕した。

この記事は有料記事です。

残り528文字(全文778文字)

【河井夫妻選挙違反事件】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集