メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「河井前法相に尾行をつけられた」報道の塩村議員に聞く 金権政治と首相の責任

塩村文夏氏

 公職選挙法違反(買収)容疑で逮捕された河井克行前法相が、2017年衆院選で議席を争った野党の女性議員を「探偵」に尾行させたと週刊誌で報じられた。この女性議員は報道を受け「野党女性議員は被害に遭いやすい」などとツイートした。これまで、どんな被害に遭ったのだろうか?【大場伸也】

 河井前法相は17年の衆院選広島3区で野党系の無所属新人女性と議席を争い、2万票差まで迫られながら議席を守った。この時、河井氏に迫ったのが広島県出身の塩村文夏氏(現・立憲民主党参院議員)だ。

 塩村氏は13~17年に都議を務め、14年の都議会で男性議員から「早く結婚した方がいい」などとセクハラやじを浴びたこともある。17年衆院選では落選したが、19年参院選で東京選挙区から立候補して初当選を果たした。

 河井氏が逮捕された18日に発売された「週刊文春」は、河井氏が18年夏、警察出身の男性に塩村氏を尾行させるなどしていたと報じた。

 塩村氏はこの日、「文春によると、私は河井議員が雇った元警察の探偵に3カ月も私生活を調査・尾行されていた。これまで何度か尾行に気付いて対応した事はあるが、この期間は全然気付かなかった。家族も含めて何度もこうした事がある。どこまでも粗探しされる。デマが掲載された事もある。野党女性議員は被害に遭いやすい」とツイートした。

 過去にも尾行されたことがあるようだ。報道の真偽は不明だが、野党の女性議員が「被害に遭いやすい」というのは気になる。さっそく塩村氏に接触し、話を聞いた。

 ――尾行されていたという報道が出ました。

 ◆報道を見た人から連絡が来て読みました。私もその時期に尾行されていたとは知らなかったので、びっくりしました。ただこういう仕事をしていると、多々あるものですから。気づいただけでも尾行みたいなものは複数回あるし、証拠を得られなかったものを入れるとかなりの数があります。

 たとえば都議だった時、数人の集まりがあった。先に着いた私と友人でテラス席で食事をしていて、遅れて来た別の友人が「おかしい」と言って、何度も通り過ぎたり物陰に潜んだりしている3人組をつかまえてくれて。そしたら持っていたかばんに穴が開いていて、かばんの中でビデオカメラが回っていた。別にやましいことはなかったけれど、変に切り取られると困るので、目の前で映像を消してもらった。名刺をもらったら探偵社の方でした。

 もう1回はセクハラやじの後でした。テレビ局のインタビューを撮影するため、自宅近くからテレビ局の車で移動していたら「車がついてくる」という話になって。で、先に行かせたらまた別の車がついてくる。2台かわしたらまた最初の車が後ろについてくるという感じで、テレビ局で降りてみたら入り口のところに3台並んで止まっていた。「ああ、やっぱりつけていたんだね」と言っていた。

 あと自宅近くに無人の車が…

この記事は有料記事です。

残り1828文字(全文3016文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「#FreeAgnes」 日本からも周庭氏逮捕への抗議続々

  2. 家族で登山中に行方不明の小6男児を無事発見 新潟・上越

  3. 東京から青森に帰省したら中傷ビラ 「こんなものが来るとは」

  4. 国民民主、分党へ 玉木代表が表明 立憲との合流巡り

  5. 母の呼び掛けにやぶから声 「斜面を滑り落ち動かずじっと」 新潟小6男児保護

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです