メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記念館のお宝 偉人たちの意外な一面

=遠藤周作文学館提供

記念館のお宝 偉人たちの意外な一面

 

 郷土ゆかりの偉人などを顕彰する、全国各地の記念館や文学館。西日本の8館の学芸員らに、数ある資料の中からえりすぐりの「お宝」をおすすめしてもらった。貴重な品から浮かび上がる、偉人たちの意外な一面とは--。

 

 

 

 

 

 早くに父親を亡くした中谷は東京大在学中の3年間、サントリー創業者の鳥井信治郎から毎月50円(当時の大卒初任給相当額)の支援を受けました。就職時に返済の意を伝えると、「学資は天から授かったものと思っていたらよい。返済の意思があったら天へお返しなさい」と言われました。北海道のニセコ山頂で研究していた戦中も、サントリーの1ダース箱が時々届いたそうです。 2人の親交は40年近く続きました。皿は中谷と鳥井の絆を象徴しています。 (学芸員・石川真知子さん)

この記事は有料記事です。

残り2235文字(全文2569文字)