メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジサイ、しっとり美しく 伊賀・新大仏寺 /三重

色とりどりのアジサイが咲く新大仏寺の山門付近=三重県伊賀市富永で2020年6月20日大西康裕撮影

 快慶作の頭部が残る木造如来座像(国の重要文化財)や松尾芭蕉が詠んだ「丈六にかげろふ高し石の上」の句で知られる伊賀市富永の新大仏寺で、アジサイが見ごろになった。

 かつては1000株のアジサイが境内を埋めたが、シカの食害に遭い、激減した。シカは昼間は裏の山にいて、夜間に境内に現れて花芽の大きいセイヨウ…

この記事は有料記事です。

残り171文字(全文321文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  2. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  3. 米、習主席の協調呼び掛けに応じず 対中強硬路線維持 同盟国と連携

  4. マンUのユニホームに苦情が殺到 「深緑」の落とし穴とは?

  5. 河村・名古屋市長「申し訳ない」 コロナ感染、自宅療養中の高齢者死亡で謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです