連載

京の人今日の人

さまざまな分野で活動する人たちを紹介します。

連載一覧

京の人今日の人

洋装生地を染色する「鷲野染工場」社長 鷲野城克一さん 手捺染の技、未来に残す /京都

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
鷲野染工場社長・鷲野城克一さん(56)=京都市左京区一乗寺大新開町の鷲野染工場で2020年6月9日午後3時15分、谷田朋美撮影
鷲野染工場社長・鷲野城克一さん(56)=京都市左京区一乗寺大新開町の鷲野染工場で2020年6月9日午後3時15分、谷田朋美撮影

鷲野城克一(せいいち)さん(56)=京都市左京区

 雨傘や洋服などの洋装生地を染める「鷲野染(わしのせん)工場」(京都市左京区)の3代目社長を務める。現在の繊維業界は海外製の機械プリントが主流だが、機械ではなく型を使って染める「手捺染(てなせん)」にこだわってきた。「先代から受け継いだ日本の手捺染の技術を残したい」と力を込める。

 洛北の一乗寺で生まれ育った。「京都で『染め』といえば『手描き友禅』をイメージする人が多い。でも実は、洋装生地の産地でもあるんです」。一乗寺周辺は染め物に向く柔らかな水が豊富で、子どもの頃は染工場が軒を連ねていた。

この記事は有料記事です。

残り722文字(全文993文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集