新型コロナ おデコにハリつけ不安軽減 芦屋の美容師開発、フェースシールド好評 /兵庫

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
フェースシールド「デコハリナ」をつけた客と話をする小南匠史さん=芦屋市で2020年6月11日午前11時25分、岸桂子撮影■「コロナ禍で、美容室に行くことをためらっている人が多い。その方々の不安を少しでも取り除きたい」と話す小南さん
フェースシールド「デコハリナ」をつけた客と話をする小南匠史さん=芦屋市で2020年6月11日午前11時25分、岸桂子撮影■「コロナ禍で、美容室に行くことをためらっている人が多い。その方々の不安を少しでも取り除きたい」と話す小南さん

切った髪の毛つかぬよう 3年前に商品化

 芦屋市で美容室を営む小南匠史さん(61)が3年前に商品化したフェースシールド「デコハリナ」が、新型コロナウイルスの感染防止に活用できると注目されている。カットの際に髪の毛が客の顔につかないための開発だったが、今は客の接触不安を取り除くことに大きく貢献。各地の美容室から購入希望が相次ぎ、納入が追いつかない状態だ。【岸桂子】

 小南さんがフェースシールドの開発に着手したのは6年ほど前。どうしても顔面についてしまう細かい毛を気に掛ける、施術後の客の様子がきっかけだった。取り払うフェースブラシはあるものの、衛生面を懸念していた。「ブラシを使わないスタイルにしたい」と試作品作りを始めた。

この記事は有料記事です。

残り597文字(全文908文字)

あわせて読みたい

注目の特集