メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

白×黒で身を守る、マレーバクが仲間入り アルパカの赤ちゃんも 神戸どうぶつ王国 /兵庫

白と黒の体が特徴のマレーバク。大阪から来たという女性が見入っていた=神戸市中央区の神戸どうぶつ王国で2020年6月19日午後1時43分、木田智佳子撮影

 神戸どうぶつ王国(神戸市中央区港島南町7)に、パンダのような白と黒の体が特徴的なマレーバク(雄・1歳)が仲間入りした。3月に生まれたアルパカの赤ちゃんも公開され、愛らしい姿で人気者になっている。

 マレーバクは、雨の多い東南アジアの森林に生息。夜行性で、夜になると白い部分だけが暗闇に浮かび上がり、輪郭が見えにくくなることで、敵…

この記事は有料記事です。

残り247文字(全文411文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 出た!大阪・梅田で人骨1500体超 別の場にもウメタ?埋葬想定より遅い江戸~明治

  2. 見えたー! ペルセウス座流星群がピーク迎える 天の川と「競演」

  3. 大阪うめきた 梅田墓に「大坂七墓」物証の人骨200体

  4. 日銀若手記者が直撃 (中)「日銀の政策は濃いグレー」元審議委員の警告

  5. 特集ワイド 星野佳路さんのコロナ時代の旅 「安・近・短」で地元活性 海外旅行需要、国内に転換

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです