メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済比べてわかる

重労働、いつも人不足 拡大する出前・宅配需要 中国

電動バイクから商品を取り出し、注文主に手渡す出前配達員=北京市内で8日午前、赤間清広撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、外出を控え、出前やインターネット通販で欲しいモノを届けてもらう「巣ごもり消費」が世界で急拡大中だ。しかし、急増する需要に配達員の確保が追いつかないなど問題も表面化。世界一の出前・宅配大国である中国も大きな壁にぶつかっている。

 北京市内の繁華街。車や歩行者の間を縫うように、荷物を満載したバイクや三輪貨物車が駆け抜けていく。出前や宅配の配達員たちだ。

 国土が広大な中国では、飲食店やスーパーが近所にないケースが多く、自宅や会社まで商品を配達してくれる出前などのサービスが急速に広まった。配送料は驚くほど安い。優待券を使えば、箱代を含めわずか数元(1元=約15円)。それを可能にしているのが、低賃金で働く農村出身の出稼ぎ労働者の存在だ。

この記事は有料記事です。

残り1594文字(全文1929文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  2. 首相「差し控える」連発 初の代表質問、議論かみ合わず ヤジに自ら「静かに」

  3. 逃走警察犬クレバを「叱らないで」 心配する声70件に兵庫県警「安心して」

  4. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです