連載

レトロの美

懐かしさの中に輝く「美」を捉えた写真をお届けします。

連載一覧

レトロの美

門司港駅 北九州市門司区 重厚感醸し出す九州の玄関口

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
左右対称のネオ・ルネサンス様式で建設された門司港駅の駅舎
左右対称のネオ・ルネサンス様式で建設された門司港駅の駅舎

 「門司港レトロ」(北九州市門司区)と呼ばれるエリアは、明治、大正の歴史的建造物群を有している。その代表的な建造物の一つで、現役の駅として通勤客や観光客らが行き交うJR門司港駅(1942年まで門司駅)は、14年に当時の鉄道院九州鉄道管理局の設計で2代目駅舎として建設された。

 門司は、本州最西端の山口県下関市と関門海峡を挟む九州の玄関口で、筑豊炭田の石…

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文440文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集