メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いらだつトランプ氏、「カルチュラルウオー」で反攻 国民の「中国嫌悪」も駆り立て

20日に米南部オクラホマ州タルサで開いた選挙集会で支持者に応えるトランプ大統領=AP

 11月の米大統領選で再選を目指す共和党のドナルド・トランプ大統領(74)が20日に南部オクラホマ州タルサで開いた支持者集会は、新型コロナウイルスへの対応の遅れなどで支持率が落ち込む中、反転攻勢に向けた第1弾となった。トランプ氏は、保守的な支持層を意識し、生活様式や価値観を守る「カルチュラルウオー(文化対立)」と位置づける姿勢を鮮明にした。【タルサ(米南部オクラホマ州)高本耕太】

 約3カ月半ぶりとなった支持者集会で、トランプ氏は「米国がかつてない経済発展を遂げているとき、中国が疫病を送りつけてきた」と言い放った。新型ウイルスを中国武術カンフーとインフルエンザを合わせた「カンフルー」と呼ぶことも提案。この呼称は中国人に対する差別的な表現とされているが、トランプ氏はなりふり構わぬ姿勢をみせる。

この記事は有料記事です。

残り1716文字(全文2065文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  2. 大雨、岐阜で大きな被害 長良川鵜飼いの警備船2隻流出 9日も大雨の恐れ

  3. 「仁義を切ってきたのか」山尾氏入党、国民党内に警戒感 立憲も「合流協議」影響懸念

  4. IS研究第一人者ハシミ氏、殺害される 日本など海外メディアに数多くコメント

  5. 浅間山 小規模噴火の可能性 気象庁事務所「大きな噴石や火砕流に警戒を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです