特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

近江牛農家、コロナで苦境 「出荷しても赤字」「餌代で月2000万円」 滋賀

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
約1300頭の近江牛を飼育する「亀井牧場グループ」の亀井頌司さん=滋賀県近江八幡市大中町で2020年5月21日、村瀬優子撮影
約1300頭の近江牛を飼育する「亀井牧場グループ」の亀井頌司さん=滋賀県近江八幡市大中町で2020年5月21日、村瀬優子撮影

 日本3大和牛の一つ「近江牛」の農家が新型コロナウイルスの影響で深刻な打撃を受けている。世界的な外出自粛の影響で需要が落ち込み、「出荷しても赤字」の状態が続く。国の補助制度は十分と言えず、近江牛のブランド価値を高めようとする新たな動きも出てきた。

 「餌代だけで月2000万円以上かかる。経営は非常に苦しい」

 近江八幡市で最多の約1300頭を飼育する「亀井牧場グループ」の代表、亀井利次さん(64)は話す。近江牛は高級レストランやホテルなどで消費される傾向が強い。訪日観光客の激減や営業自粛のあおりで、枝肉相場は低迷が続いている。

この記事は有料記事です。

残り1240文字(全文1504文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集