メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「なぜこんなものが大量に」 高1自殺、拳銃入手の謎 弾倉にホルダーも…

男子生徒が倒れていたのが見つかった住宅付近を調べる警視庁の捜査員=東京都八王子市で2020年6月8日午前11時3分、鈴木拓也撮影

 東京都八王子市の住宅で今月8日、私立高1年の男子生徒(15)が頭を撃って亡くなった際、使われたのは真正の米国製拳銃だったことが警視庁の鑑定で判明した。生徒の家族は「拳銃の存在を知らなかった」と話しているという。自殺とみられるが、なぜ本物の拳銃が生徒の手元にあったのかを解明するため、警視庁の捜査が続いている。

 のどかな住宅街に「パーン」という乾いた音が1発響いたのは8日午前8時ごろ。直後に生徒が自分の部屋で頭から血を流して倒れているのを母親が見つけた。傍らに銃弾4発が装塡(そうてん)されたままの米国のスミス&ウェッソン社製の回転式拳銃1丁が落ち、生徒の机の上に拳銃を収めていたとみられるホルダー1個があった。生徒は病院搬送後に死亡が確認された。

 警視庁の住宅の捜索で、生徒が持っていたのは拳銃だけでないことが明らかになった。自室のタンスから銃弾65発、別の部屋のクローゼットからは自動式拳銃に搭載する弾倉(マガジン)1個と革製ホルダー2個、手入れ用の油やブラシが見つかった。ある捜査員は「なぜこんなものが大量に」と驚きを隠せなかった。

 拳銃は国内での流通量が少なく、珍しいモデルだという。同居する母親は警視庁の聴取に「(生…

この記事は有料記事です。

残り940文字(全文1454文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 残業176時間「ごめん、辛抱できん」 近大職員が自殺 労災認定求め国提訴

  2. 緊急事態、愛知県が独自宣言 6~24日 不要不急の県境移動自粛を要請

  3. 大阪で新たに196人感染 過去3番目の多さ 障害者施設でクラスターか

  4. 福岡県「飲み会は2時間以内」「2次会控えて」 コロナ警報を発動

  5. お盆は帰れる?帰れない? 揺らぐ政府発信 西村氏「控えて」菅氏「気をつけて」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです