特集

河井夫妻選挙違反事件

自民党に所属していた河井克行前法相と妻の案里元参院議員が、19年参院選を巡る公選法違反容疑で逮捕されました。

特集一覧

河井案里容疑者、夫に買収報告か 克行容疑者管理のリストに記載 特捜部捜査

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
河井克行・案里両容疑者の自宅があるマンションの家宅捜索を終え引き揚げる検察の車両=広島市安佐南区で2020年6月19日午前11時46分、平川義之撮影
河井克行・案里両容疑者の自宅があるマンションの家宅捜索を終え引き揚げる検察の車両=広島市安佐南区で2020年6月19日午前11時46分、平川義之撮影

 参院議員の河井案里容疑者(46)=広島選挙区=が初当選した2019年参院選を巡る選挙違反事件で、地方議員や後援会関係者らへの現金提供の詳細が記されたリストに、案里議員が提供した分も記載されていたことが、関係者への取材で判明した。リストは夫で前法相の衆院議員、克行容疑者(57)=広島3区=が管理しており、克行議員が案里議員に現金提供を指示し、提供後には報告も受けていた形跡があったという。東京地検特捜部は、夫妻が共謀関係にあったことを示す重要な証拠とみている。

 逮捕容疑は94人に対し総額約2570万円を提供したとしており、手広く買収が行われていた実態が浮かんでいる。関係者によると、リストには地方議員や後援会関係者の名前とともに、提供した現金の額や時期が記されていた。大半は克行議員が提供していたが、少なくとも5人には案里議員が提供していたという。リストの記載は、克行議員の指示を受けた案里議員が地方議員らへ現金を提供し、その後に克行議員に報告したことがうかがえる内容になっているという。

 リストは、票の取りまとめを地方議員や後援会関係者に依頼するため、克行議員が主体となって作成し、自身のパソコンで保管していたとみられる。検察当局は今年1月以降、克行…

この記事は有料記事です。

残り489文字(全文1017文字)

【河井夫妻選挙違反事件】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集