メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

大阪で「仮想劇場」誕生 漫画のような世界観 自宅で演じ、映像重ねて配信

仮想劇場について話し合う(右から)橋本匡市、笠井友仁、サカイヒロト=大阪市中央区で2020年6月9日、小出洋平撮影

 新型コロナウイルスの感染防止のため、インターネットで舞台映像を配信したり、ビデオ会議システムを使って上演したりする劇団が増えている。そんな中、「仮想劇場ウイングフィールド」という新劇場が誕生した。とはいえ現実の建物ではなく、大阪市中央区の小劇場「ウイングフィールド」がネット空間に設けた企画の名だ。「生身の人間」と「仮想の劇場」を融合させる試みが注目を集めている。

 ウイングフィールドでは3月初旬から実際の公演が行われていない。だが仮想劇場では5月22~25日、大阪の劇団「エイチエムピー・シアターカンパニー」が、“こけら落とし”の「ブカブカジョーシブカジョーシ」を上演した。大阪の劇作家、故・大竹野正典が、会社員による「上司バット撲殺事件」に想を得て1999年に書いた戯曲の新演出版だ。会社から理不尽な命令を下される中間管理職モモチと、部下アメミヤの関係を、ブラ…

この記事は有料記事です。

残り949文字(全文1332文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  2. 大雨、岐阜で大きな被害 長良川鵜飼いの警備船2隻流出 9日も大雨の恐れ

  3. 「仁義を切ってきたのか」山尾氏入党、国民党内に警戒感 立憲も「合流協議」影響懸念

  4. IS研究第一人者ハシミ氏、殺害される 日本など海外メディアに数多くコメント

  5. 浅間山 小規模噴火の可能性 気象庁事務所「大きな噴石や火砕流に警戒を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです