メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

上州スポーツ点描

車いすテニスジュニア代表・川合雄大さん(16) 「悔しさ」原動力に成長 母に感謝、勝利届ける /群馬

川合雄大さん=群馬県高崎市の「ニューサンピア高崎」テニスコートで

 <上州スポーツ点描(スケッチ)>

 車いすテニスの国別選手権「2020ワールドチームカップ ポルトガル大会」(WTC、日程未定)のジュニアクラス日本代表に、前橋商業高1年の川合雄大選手(16)が選ばれた。6歳で車いすテニスを始め、2017年にはジュニア日本ランキング1位に。川合選手のこれまでの成長の軌跡を追った。【川地隆史】

 「動くことが好きだったし、ボール遊びも楽しそうにしていた。親子でできるスポーツがないかと考えた時、テニスが思い浮かんだ」。母の晴美さんは、川合選手を車いすテニスの体験会に連れて行った当時を振り返る。生まれつき下半身に障害があったが、車いすに乗りよく走り回っていたという。

この記事は有料記事です。

残り1252文字(全文1551文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  2. 首相会見「官邸職員が記者の腕つかむ」朝日新聞社が抗議 官邸側は否定

  3. 京都新聞記者が滋賀県を異例の提訴 旧優生保護法の関連文書開示求め

  4. ハートマークの数で分類 感染者出たススキノ店舗名 札幌市の内部資料が流出

  5. 石破氏、他派閥に秋波 「これが最後の挑戦」次期総裁選にらみ支持固め

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです