メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

祈り巡り京の教会

/5 日本ハリストス正教会 京都ハリストス正教会 イコン装飾、聖堂厳粛に /京都

30枚のイコン(聖像)がちりばめられたイコノスタス)=京都市中京区で、矢倉健次撮影

 京都御苑から京都市中京区の柳馬場通を南へ向かうと左手に京都地裁、市立御所南小に続いて白壁に薄緑色の屋根が連なるロシア・ピザンチン様式の聖堂が現れる。

 ハリストスとはキリストのギリシャ語読み。主にギリシャとロシア、東欧で信仰される「東方正教会」で用いられる「八端十字架」が屋上にそびえる3階建ての鐘楼は、高さ22・3メートルもある。かつては比叡、愛宕の山並みや東西本願寺も眺められたという。

 入り口で靴を脱ぎ、「和洋折衷ですね」と笑う及川信神父(60)に促されてじゅうたんの敷かれた堂内に入ると思わず息をのむ。中央に「最後の晩餐(ばんさん)」。その上の宝座のキリストをはじめ聖母マリア、正教の聖人らが描かれた30枚の画像(イコン)がちりばめられた巨大な聖障(イコノスタス)が祭壇上にそびえる。ロシアで制作され20世紀初頭の成聖式に合わせて、他の主要な装飾品とともに運ばれてきた。

この記事は有料記事です。

残り898文字(全文1287文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪で新たに151人コロナ感染 重症者は70人で過去最多

  2. クックパッドニュース 一房買っても安心!覚えておくと便利な「バナナの保存法」

  3. 首相あいさつ93%一致 広島と長崎、過去例とも類似 被爆者「ばかにしている」

  4. 渡辺が初の名人位奪取 4勝2敗で豊島降す 現役最多の3冠に

  5. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです