メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

支局長からの手紙

ダービー馬育てた大山 /島根

馬房で気持ちよさそうに体を洗ってもらうコントレイル=岩崎誠撮影

 ようやくプロ野球が開幕しましたがこのコロナ禍の中、無観客ながら開催を続けているのが競馬の世界です。「G1」(ジーワン)と呼ばれる大きなレースも予定通り行われています。なかでも最も注目されるダービー(5月31日)で、圧倒的1番人気を背負ったコントレイルが無敗のまま優勝したのは記憶に新しいところです。

 そのコントレイルを育てた牧場が大山山麓(さんろく)の「大山ヒルズ」(鳥取県伯耆町)。競馬ファン歴約30年の者として、これはダービー馬に会うチャンスが訪れたと思いました。取材をお願いすると快く受けてくださいました。本当にダービーを走ったばかりなのかと疑うくらい、馬房で洗われるコントレイルは元気そのものでした。

 コントレイルの快挙を少し解説します。かつては大田市ゆかりの和田共弘さんが経営するシンボリ牧場が、名馬シンボリルドルフを生産する群雄割拠的な時代もありました。しかし今、生産者はノーザンファーム1強。実際、コントレイル(生産者はノースヒルズ)が昨年末にホープフルSを勝つまではノーザンファームがG1を10連勝しました。しかしコントレイルは1強に風穴を開けるどころか皐月賞、ダービーと3歳馬にとって重要な…

この記事は有料記事です。

残り460文字(全文965文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #排除する政治~学術会議問題を考える 新しい形態の学問弾圧「菅首相は歴史に名前が刻まれる」 木本忠昭・日本科学史学会会長

  2. 歌手の小金沢昇司容疑者を酒気帯び運転の疑いで逮捕 容疑認める 警視庁高井戸署

  3. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  4. 東陽町駅で視覚障害者の男性が転落し死亡 ホームドアは稼働開始前 東京メトロ

  5. JR東日本vsホンダ熊本 第8日第2試合スタメン 午後2時から 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです