メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長州飛耳長目

全公立小中学校で夏休み短縮 子供の健康守る準備 エアコン設置、昼食用意も /山口

設置したばかりのエアコンの稼働をチェックする業者

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う長期休校で生じた学習の遅れを取り戻すため、県内全19市町の公立小中学校で夏休みの短縮が決まった。感染症に加えて熱中症も懸念される中、各市町の教育委員会や教育現場は、教室へのエアコンの設置や授業の進め方の見直しなど子供たちの健康を守るための準備に追われている。【脇山隆俊】

 宇部市立恩田小で19日、普通教室に設置されたばかりのエアコンの点検があった。業者が温度測定器を使い、教室の隅々まで冷えているかなどを入念にチェック。本来なら夏休みに当たる7、8月の授業に向けた教育環境が整い、三原洋一校長は「子供たちの集中力が上がるし、ありがたい」と話した。市内すべての小学校で7月からエアコンが使えるようになるという。

この記事は有料記事です。

残り864文字(全文1186文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三菱重工広島vs日本新薬 第8日第1試合スタメン 午前10時から 都市対抗

  2. 改造スクールバスで「移動式ウエディング」 3密回避 名所巡りライブ配信も 北海道

  3. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 横綱の休場続きで重み揺らぐ角界番付 21年は新時代の幕開けか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです