メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長州飛耳長目

全公立小中学校で夏休み短縮 子供の健康守る準備 エアコン設置、昼食用意も /山口

設置したばかりのエアコンの稼働をチェックする業者

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う長期休校で生じた学習の遅れを取り戻すため、県内全19市町の公立小中学校で夏休みの短縮が決まった。感染症に加えて熱中症も懸念される中、各市町の教育委員会や教育現場は、教室へのエアコンの設置や授業の進め方の見直しなど子供たちの健康を守るための準備に追われている。【脇山隆俊】

 宇部市立恩田小で19日、普通教室に設置されたばかりのエアコンの点検があった。業者が温度測定器を使い、教室の隅々まで冷えているかなどを入念にチェック。本来なら夏休みに当たる7、8月の授業に向けた教育環境が整い、三原洋一校長は「子供たちの集中力が上がるし、ありがたい」と話した。市内すべての小学校で7月からエアコンが使えるようになるという。

この記事は有料記事です。

残り864文字(全文1186文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイ首相、改憲手続き表明 臨時国会で デモの早期沈静化図る

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. 04年政府文書「首相の任命拒否想定しない」 学術会議、現行の推薦方式導入時に

  4. 札幌で最多46人感染 芸能事務所でクラスター「メンバー体調不良でもイベント」

  5. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです