メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

風知草

イージス、どう代える?=山田孝男

 陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」配備計画を停止させたものは、技術の未熟と予算の膨張だという。

 自民党内で「停止なら敵基地攻撃能力を」という声が相次いでいる。爆撃機や巡航ミサイルを持ち、相手がミサイルを撃つ前に拠点をたたく力を備えるべきだという話である。

 この選択が専守防衛の逸脱かどうか――の議論が始まるらしいが、まずは陸上イージスを止めた<技術と予算の壁>という問題を直視すべきだろう。

この記事は有料記事です。

残り1131文字(全文1336文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鹿児島、新たに30人の感染確認 28人がクラスター発生の飲食店客

  2. 首相官邸ネット発信「中の人」は電通マン 前任者も 政権のSNS戦略と深いかかわり

  3. 二階氏サイド、自民の「習主席来日中止」決議案に猛反発 「待った」の可能性も

  4. 襲撃で亡くなったホームレスの生活の跡、フィルムに 長良川の橋の下 8月に写真展

  5. コロナ感染止まらぬ新宿・歌舞伎町 区長はすがる思いで大物ホストの携帯を鳴らした

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです