連載

米国の選択

トランプ米大統領が2020年大統領選への立候補を正式に表明し、再選に向けた活動を本格化させた。選挙スローガンは前回から「米国を偉大なままに」と変わったが、訴えの中身は変わらないまま。分断した政治状況の中で、自身の支持層の共感のみを追求するスタイルを貫く構えだ。

連載一覧

米国の選択

2020年大統領選 トランプ氏、再選向け始動 対立あおり「反転」画策

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
トランプ大統領の選挙集会の会場外で入場の列に並ぶ支持者ら=米南部オクラホマ州タルサで20日
トランプ大統領の選挙集会の会場外で入場の列に並ぶ支持者ら=米南部オクラホマ州タルサで20日

 11月の米大統領選で再選を目指す共和党のドナルド・トランプ大統領(74)が20日に南部オクラホマ州タルサで開いた支持者集会は、新型コロナウイルスへの対応の遅れなどで支持率が落ち込む中、反転攻勢に向けた第1弾となった。トランプ氏は、保守的な支持層を意識し、生活様式や価値観を守る「カルチュラルウオー(文化対立)」と位置づける姿勢を鮮明にした。

この記事は有料記事です。

残り1883文字(全文2054文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集