メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 <くらしナビ・ライフスタイル>

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う政府の緊急事態宣言は解除されましたが、テレビ業界ではリモート出演が日常になりました。やり始めた頃は相手の声が聞こえるまでタイムラグが生じることに戸惑いました。わずか0・5秒ぐらいでしょうが、映像と音声がずれるので相手との掛け合いがスムーズにいきません。これがスタジオやロケでしたら相手の目の動きや周りの空気感などを察知できるので、丁々発止のやり取りができるのですが……。リモート出演では、コミュニケーションのずれがどうしても生じてしまいます。

 それでも番組作りは止められません。「ザ!鉄腕!DASH‼」(日本テレビ系)では、今年の米作りについて考えるスタッフとのオンライン会議などを視聴者のみなさんにお見せしました。「TOKIOカケル」(フジテレビ系)では、メンバーの顔を分割画面に映してトークを繰り広げました。するとスタジオとは違った面白さがあると発見しました。小学生の頃に見たSF映画だったでしょうか、モニターで世界の人々とつながる、とい…

この記事は有料記事です。

残り1192文字(全文1647文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  2. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  3. 政府方針一転 河野氏「UFOに遭遇したら」発言のワケ 宇宙作戦隊も発足

  4. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  5. 学術会議 任命拒否の6人が初めて共に訴えた菅首相への「胸の内」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです