メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

学校とわたし

独特の世界観、受け入れられ=詩人・上田假奈代さん

 詩作は3歳から始めました。思い浮かんだ空想の世界を言葉にするたび、母が書き留めてくれたんです。母も詩人なんですよ。私の初めての作品「おおかみとおばけちゃん」もこの頃に生まれました。母が友人と発行していた詩誌にも参加し始めました。感受性は強いのにしゃべるのが苦手で、言葉をつむぐことで自分を落ち着かせていました。

 高校では不登校ぎみになりました。校則を守って生活したり勉強したり、みんなが当たり前と思うことに違和感を覚えたというか……。

この記事は有料記事です。

残り845文字(全文1063文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「#FreeAgnes」 日本からも周庭氏逮捕への抗議続々

  2. 家族で登山中に行方不明の小6男児を無事発見 新潟・上越

  3. 周庭氏を逮捕 民主活動家 国安法違反容疑で香港警察

  4. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  5. 首相あいさつ93%一致 広島と長崎、過去例とも類似 被爆者「ばかにしている」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです