メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウチの教授

@大学 うちのセンセイ 復興への過程追究 浦和大教授・竹村祥子さん

 専門は家族社会学。1988年から教壇に立った岩手大で、岩手県沿岸部在住の女性への聞き取り調査を続けた。釜石市の住民は複数の被災を乗り越えていることが分かった。

 33年の昭和三陸津波、太平洋戦争末期に釜石市内の製鉄所を狙った米英軍による艦砲射撃、東日本大震災――。こうした被災からどう立ち直るのか、その経験を人生にどうつなげていくのか。住民の声に真摯(しんし)に耳を傾け続けた。「次の時代をどんな形で生きるにしても、打ちひしがれて終わるわけではないと分かった」と振り返る。

 今年4月から浦和大社会学部現代社会学科長に就任した。「授業後に積極的に質問する学生が多くうれしい」と顔をほころばせ、「小規模で地域密着型の点がこの大学の魅力」と語る。

この記事は有料記事です。

残り332文字(全文652文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. マダニ感染症で京都府内の80代男性意識不明 府内で今年初

  2. 首相官邸ネット発信「中の人」は電通マン 前任者も 政権のSNS戦略と深いかかわり

  3. 大阪モデルを緩和 注意喚起の「黄信号」点灯しにくく 経済ダメージ最小限に

  4. ORICON NEWS 「#まさかのトリック20周年」キャンペーン実施 7・7はトリックまつり

  5. ORICON NEWS 橋本環奈、ムロツヨシ演じる諸葛亮の妻「笑ってしまわないか心配」 山本美月は小喬役

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです