特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

家族への思いがバス車体に コロナで中止の写生大会、代替コンクール入賞作品

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
入賞作品を写したシートをバスの車体に貼る甲府青年会議所のメンバー=山梨県甲斐市内で2020年6月21日、山本悟撮影
入賞作品を写したシートをバスの車体に貼る甲府青年会議所のメンバー=山梨県甲斐市内で2020年6月21日、山本悟撮影

 子どもたちが自宅で描いた絵画のコンクール作品を車体に貼ったラッピングバス(路線バス)が運行されることになり、山梨県甲斐市の山梨交通敷島営業所で21日、貼り付け作業が行われた。新型コロナウイルスの感染拡大による外出自粛により中止された写生大会の代替コンクールだが、家族の様子や見慣れた風景など、普段の日常生活の尊さが実感できる作品が目立つ。【山本悟】

 従来のイベントは、今年44回目の開催予定だった「山の都親子ふれあい写生大会」。第1次オイルショック(1973年)後の経済回復期に親子関係の希薄化が指摘され、親子が触れ合う機会を作ろうと、77年に甲府青年会議所が始めた。毎年甲府市内などで写生大会を開催し、作品はショッピングセンターで展示された。

この記事は有料記事です。

残り419文字(全文742文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集