「銀河」にきらめくマイワシ1万匹 「ぜひ癒やされて」 北海道・登別

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 「銀河」の名が付く水槽を泳ぐマイワシが照明の光を浴びてきらびやかに周辺を光らせ、まるで宇宙空間に人が立っているような幻想的な風景を生み出していた。

 北海道登別市の水族館「登別マリンパークニクス」で人気の「イワシのパフォーマンス」。1日2回の餌の時間を利用し、光と音楽の演出で水槽を回遊するイワシの動きを楽しむ企画で、2014年から始まり、季節ごとの演出をしてきた。

 今年4月に初リニューアルし、LED照明を増設し演出を一新。しかし、春バージョンは新型コロナウイルス感染拡大による臨時休業で、14日間しか披露できなかった。今月1日に営業を再開し、夏バージョンを公開中。9月に秋、12月に冬と演出を変える予定だ。

この記事は有料記事です。

残り242文字(全文547文字)

あわせて読みたい

注目の特集