メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「手裏剣当たらないぐらい間隔あける」 「新しい生活様式」を「風魔忍者」が指南

風魔忍者が呼びかける新しい生活様式のイラスト

[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぎながら日常生活を送る「新しい生活様式」について、神奈川県小田原市は地元ゆかりの「風魔忍者」をモチーフにした普及啓発活動のためのイラストを作製した。かわいい忍者が「袋詰めは自分で」「手裏剣が当たらないぐらい間隔をあける」ことなどを忍術スタイルで訴えている。

忍者の足跡でソーシャルディスタンスを確保するイラスト

 店舗や施設で少人数での買い物や念入りな消毒を忍者が呼びかける「お買い物編」と、忍者の足跡と「こちらでお待ちください」のことばが入った床に張るソーシャルディスタンス確保用の2種類。風魔忍者は小田原の戦国大名、北条氏に仕えた忍びの衆とされる。

 市ホームページの観光課のサイトからダウンロードできる。同課は「新しい生活様式といっても、ことばだけが先行して、具体的に何をしていいか分からないこともあるので、忍者を使って分かりやすく解説した。感染防止とともに観光振興も期待している」と話している。【渡辺明博】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優・武田真治さんとモデル・静まなみさんが結婚

  2. 探して!らき☆すたマンホール 合併10年、埼玉・久喜のどこかに設置

  3. 失業給付の増額を 困っている人を助けるのが政治の使命

  4. 「党員獲得どころじゃない」 河井夫妻「1億5000万円」 自民総務会で不満噴出

  5. 関東・東海上空に火球 2日未明、目撃相次ぐ 「爆発音聞こえた」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです